プロフィール

こんにちは。

massudegozaru.comの中の人、massuです。

プロフィールに興味を持っていただきありがとうございます。

このブログのテーマは、主に「ボイストレーニングの情報を提供する」ことです。

上手く歌えたり、思うように声を出せるようにするまでの、誰もが再現できるノウハウを提供する。

一人でも多くの方に「できた!」と喜んでいただくことを目指してブログ運営をしています。

また、上手く歌えるだけでなく、楽器を弾きながら歌うコツ、英語の歌を歌うコツ、歌を通して他の色々なことへ繋がっていく話などもしていきます。

簡単なプロフィール

現役のミュージシャン/ヴォーカリスト/ボイストレーナーです。主に音楽関係の仕事をしながら、適切なボイストレーニングの情報を発信しようと思い立ち、ブログを書いている兼業ブロガーです。

大手音楽教室で音楽講師を務める傍ら、一時期は別の大手音楽教室の本部で中の人としても働いていました。音楽業界、教室事情についてはそれなりに詳しいと自負しております。

ロック、R&B、ポップスにまたがって活動する傍ら、日本語の歌も英語の歌も歌います。また、歌以外にもマルチプレイヤーとして一通りの楽器をやります。歌のレッスンでカホンを繰り出したり、おもむろにウクレレを取り出すような先生と出会ったら、それは私かもしれません。

【趣味】
ギター
ピアノ
ドラム
ウクレレ
ヨガ
ランニング

【好きなミュージシャン】
Donny Hahaway
Whitney Houston
The Beatles
The Rolling Stone
B’z
秦基博
玉置浩二
etc…

ここからは、ボイストレーニングとの出会いから業界事情、それを踏まえてなぜブログを書くのかについて綴っていきます。

ボイストレーニングとの出会い/最初に思ったこと

私は中学生の頃にギターを始めて以来、プロのミュージシャンになりたいと思うようになりました。

高校生になってからボイストレーニングの教室や先生を探し出したのが2000年すぎ。今から約15年以上前、この頃はまだ歌を習うことが一般に普及していなくて、またインターネットが普及していなくて、図書館に行ってタウンページで馴染みのある街の音楽教室を探すところから苦労しました。

そして、やっと探し出したいくつかの教室へ連絡を取り、体験レッスンを受けに行ったり話を聞きに行ったりして思ったのが

「全体像がイマイチ見えない!」

「っていうか先生の歌が・・・」

といったことでした。

その後、音楽関係の仕事で食べれるようになるまでの間に、数十のスクールを見学し、その中から色々なタイプのスクールや養成所で色々なタイプの先生からレッスンを受けました。私は幸い出会いに恵まれたので概ね満足していますが、それでも「雲をつかむようなこと」をひたすらしていた印象が拭えませんでした。

現在は、街場で教室があふれるようになり、ボイストレーニングがアマチュアの方々にもポピュラーなものとなりました。状況が良くなっていれば良いのですが・・・。

ボイストレーニングと、例えば筋トレとの違い

ボイストレーニングが一体何をどんな風にやって、その練習にどんな効果があって、それをどう組み立てたらどの位でどんな風になるのか・・・正直それは「人による」のですが、例えば筋トレであればある程度明示されています。

優れたトレーナーの本や、動画サイトの情報を取捨選択していけば、ある程度身体を鍛えて結果を出すことが出来ます(私も太れない体質だったにもかかわらず、「科学に基づいて」ワークアウトに励んだ結果、3ヶ月で10kg位バルクアップ(増量)することが出来ました。)

ボイストレーニングの場合は、いかんせん「あんばい」というのが分かりづらいのが難点です。

当ブログでは、きちんと全体像を提示して、ボイストレーニングを体系的に解説できるよう心がけております。

ボイストレーニング教則本の傾向

当時から現在にかけて出版された多くのボイストレーニング本に目を通してきました。

習うのは腰が引けるけれど、独学でちょっと試してみたいという方は多いと思います。そこで手を取るのが教則本です。書店や楽器店に行くとたくさんの教則本が売っているのですが、どれが良いのか、料理のレシピ本と一緒でやはり分かりづらいです。

その中から本を買ってみても、見本が分かりやすく収録されていなかったり、書いてあることが難解だったり、知識の部分が多くてスムーズに練習に取り組めない内容の本が多いのが現状です。

こういう傾向は楽器の教則本ではありえないのですが、なぜかボイストレーニングの世界ではまかり通っています。

ボイストレーニング、インターネット上の情報の傾向

あるいは、ネットで検索して情報収集し、スクールを探したり独学にトライしようとする場合も多いです。そうすると、動画で分かりやすく解説してくれていたり、見やすいレイアウトでサイトが構築されていて、教則本よりも取っ掛かりやすいかもしれません

個人的な感想ですが、「適切に情報を取捨選択できれば」、教則本以上に練習しやすく、また上達しやすいと思います。

ただ、「適切に情報を取捨選択できれば」というのが難しいのです。

なぜ、ボイストレーニングの情報は体系的でないのか

ボイストレーニングがなんだかふんわりしているのは、色々な理由があります。

たとえば、教える側のバックグラウンドが様々だからです。音大出で声楽出身の方、ポップスの世界でアーティスト活動と並行して講師をしている方(私はこのタイプです)、音楽的なバックグラウンドは特にないが、スポーツやリハビリ等の知見を活かして「掛け算的なスタンス」でやられている方・・・実に色々なバックグラウンドの方が講師をしています。

声楽出身か、ポップス出身か、はたまたミュージカルや俳優系か、あるいはナレーターや声優畑か・・・バックグラウンドが違えば、同じ目標へ向けてアプローチが違うものなのです。

それを知らずに教則本を手に取り、あるいはネットの情報に触れるのはあまりよろしくありません。

良識あるボイストレーナーは、実際のレッスンや教則本や動画上でこうした話にもきちんと触れ、「あなたが情報を取捨選択することが大事ですよ」というスタンスで情報提供しています。

そういう方が発信するレッスンや情報に出会えれば良いのですが、もう一つ、情報がとっ散らかっている原因があります。それはそもそも体系的に情報を整理し、明示的な形で提供しようと方が少ないからです。教え方をちゃんと勉強しない講師、自分の中で指導のスタンスが確立されていない講師・・・いわば講師としての在り方がよろしくない方は沢山いるのが現実です。

あるいは、一つ一つの練習方法の効能を把握しておらず、適切なレッスンを提供出来ない方も多いです。

つまるところ、先生してちゃいけない人が先生している世界なのです。

何を信じればいいのか

信じられるのは自分の勘のみです!笑

私のこともある程度信じて頂いて間違いないと自負していますが、業界に精通していてオトナの事情があって個人の話をオープンに出来ないので、信じてくださいとデカい声では言えないのです。笑

最終的には本当に自分の勘で選んでくださいねとなるわけですが、

「自身のバックグラウンドを明示している」

「全体像を提示し、明瞭な説明ができる」

これが情報発信者に対して求めるべきであろう指針です。

なぜmassu blogを書くのか

結論から言えば、良い先生に出会って欲しい、あるいはボイストレーニングを体系的に把握して、情報を取捨選択できるようになって欲しいからです。

私のレッスンには、本当に多種多様な方がレッスンを受講してくださっています。そんな中で、私のレッスンでは下記のことを心がけております。

まず、顔合わせのレッスンでは

歌が上手くなるために何をやるのか

そのためにどういうアプローチをしていくか

相手の傾向に合わせて体系的に、なるべく分かりやすい言葉で説明します。

 

そして、晴れて生徒さんとなり通ってくださるようになったら、レッスンの中で

歌が上手くなりたい

の先にある

なぜ歌が上手くなりたいか

どんな歌を歌いたいか

表面的なレッスンにならないよう、理由の奥にあるこうした背景を引き出すよう心がけています。

つまり

「自身のバックグラウンドを明示している」ー現役のミュージシャンという視点から

「全体像を提示し、明瞭な説明ができる」ー「あんばい」や「ジャッジ」は専門家でないと出来ない

もし、私のレッスンを受けたいという方がいらっしゃったら大変嬉しいです。しかし、あくまで私は「中の人」なので、今のところは公に講師としてレッスンを提供する予定はありません。

とはいえ、業界自体がグレーな中で、適切に情報を見極めることがとても難しいのが現状です。だから、いちボイストレーナーとして、せめてオンラインで適切な情報提供ができるよう、情報発信してまいります!

だって、歌が楽しく歌えたら人生色々と開けてくるのでね。

カラオケで一目置かれるのはほんの序の口です。私の生徒さんの中には、話し声が良くなって仕事に良い影響が出て、自分の同僚や部下を紹介してくださる方もいます。声が出てきたせいか、性格が明るくなった方と喜んでくださる方もいます。

声を出す中で得られるものが色々とあるのです。「良い声の出し方」のヒントになるような話題を提供できるよう頑張りますので、どうかお付き合い頂ければと思います。

最後までプロフィールをお読み頂き、ありがとうございます。

]]>