【良い声が出る!!】歌が上手くなる口の開き方とは?

スポンサーリンク

学校の音楽の授業で

「口を大きく開けて歌って!」

と、口の開き方を指導されたことはありませんか?

ボイストレーニングを受けていても
おそらく全ての先生が必ず言うフレーズです。

やはり、口を開くことは良い声を出すために重要なことです。

そこで今回は、以下の流れで口の開き方についてお伝えしていきますね。

  • どうして口の開き方が重要なのか?
  • 口の開き方を変えるとどうなるのか?
  • 口の開き方にはどんな種類があるのか?
  • 口を開く時、どんなことに気を付けたら良いか?

 

普段意識しない部分かもしれませんが、
口の開き方を変えることで声がかなり良くなります。

今回の記事を読んで、口の開き方を見直してみましょう!

口の開き方が大事な理由

声色や声の響き方が変わる!

口の開き方が重要な理由は

口の開き方次第で声色や声の響き方が大きく変わるから

です。

同じ言葉でも、口の開き方でニュアンスが変わって聞こえます。

例えば

・口をしっかり開き、シャキッとした声で言う「すみませーん!」
・口をモゴモゴさせながら、消え入るような声で言う「・・・すみまs」

この2つでは全くニュアンスが違いますよね?

前者はモノを尋ねるニュアンスの「すみません」であるのに対して
後者は謝るニュアンスの「すみません」に聞こえがちです。

歌う時も話す時も、このように言葉のニュアンスを表現出来るかどうかが非常に重要なのです。

歌が上手な人の節回しはまるで語っているように聞こえますよね。
あるいは、お話が上手な人のお話は歌っているように聞こえます。

あなたは自分が意図したニュアンスで
歌ったり話したり出来ていますか?

口の開き方を工夫することで、自分が意図しているニュアンスを
きちんと表現出来るようになるのです。

口の開き方でどのように声が変わるか?

言葉が明瞭になり、抜けの良い声を出すことができる

口の開き方を見直し、口の中が適度に広がることによって声が共鳴しやすくなります。

そうなることで、抜けの良い声を出せるようになるのです。

歌っていて声が前に飛ばなかっり、声が通りにくいタイプの人は
基本的にのどを開く、もしくは口を開くことで
声が「スコーン!」と出るようになるので悩みが改善されますよ。

「自信がある」、「安定した」印象を与えることが出来る

口の開き方を変えることによって声色が明るく、陽気な雰囲気になります。

このように声色(声のトーン)が変わることで
自信にあふれた感じや安定した印象を与えることが出来ます。

これは歌以上に会話やコミュニケーションにおいてありがたいことです。

あなたの周りにいる、自信がありそうな人や
安定した雰囲気のある人のことを思い出してみてください。

声がこもっていたり、暗い声色の方はおそらくいないのではないでしょうか?

声がパシっと出ることによって、相手に与える印象が変わります。

せっかくなら良い印象を持ってもらえたら嬉しいですよね。

喉が開くから良い声が出しやすくなる

口の中を縦や横に開くことで喉も連動して開くようになっています。

喉を開くことで首の力みが取れ、楽に声を出せるようになります。

もし喉が詰まったり、閉じ気味になってしまうと
声は潰れたような音色になってしまいます。

なるべくリラックスし、必要なところだけ力を
使って声を発することが重要なのです。

喉を開く効果、練習方法やコツについては
別記事で詳しく解説していますのでぜひご覧になってみてくださいね。

喉を開くとは?喉を開ける練習&発声方法

2月 9, 2019

声量が増えて、声を大きく出すことができる

口の開き方を変えることで、口の中の空間はこれまでより広がり、声量が増えます。

声は、息が声帯を通って振動し、その音が身体の共鳴腔に反響することで
普段聞き覚えのある声になります。

身体に反響する度合いは、口の中の空間の広さに比例します。

ですので、口の開き方を工夫することで声量が増え
声をより大きく出すことが出来るのです。

高い声を出しやすくなる

高い声は口〜鼻に身体が共鳴するため
口の中が開けていないと声が出にくくなってしまいます。

口の開き方を変えることで口の中の空間が広がっていき
高い声が出やすくなっていきます。

これは考えるよりも試してみる方が速いです。

試しに、口を開く度合いを大小調整しながら
好きな曲を歌ってみましょう。

大きく口が開いている時の方が声が出やすいのではないでしょうか?

呼吸をしやすくなる

口の開き方を変えることで、息の流れがきちんと確保され、
呼吸をしやすくなります。

たとえ腹式呼吸を覚えても、口の中が閉じ気味に
なってしまうと、上手く息を吐き出せませんよね?

歌が上手い人は、呼吸が安定しているのが特徴です。

やはり口の開け方は重要です。

口の開き方の種類

口の開き方は大きく分けて3種類あります。

口を①縦、②横、③丸く開くことで、口の中の形が変化し、
声色(声のトーン)や声の雰囲気が変化します。

歌が上手い人や話上手な人は、意識的・無意識的に口の開き方を変化させることで、相手に言葉が伝わりやすく声を発しているのです。

口を縦に開く

口を縦に開くことで声に深みが出て、響きのある声色になります。
また、少し暗めな雰囲気で、こもり気味な声に聞こえます。

音楽の授業やボイストレーニングではよく口を縦に開くよう言われるのですが、これは皆さんの口が基本的に閉じ気味だからです。

口をどう開くか以前に、そもそも閉じ気味になっている時点でこもった声になってしまいます。

ですので、私も含めボイストレーナーは口すっぱく

「口を大きく開けてください!」

と指導するわけです。

口を横に開く

口を横に開くことで明るい声色になります。
また、鋭くキンキンした感じの声色に聞こえます。

女性の中には、普段の話し声がキンキンしている方が時々います。
そして、この手の相手の表情を見ると笑顔で話す方が多いです。

「キンキン」というとネガティブに聞こえるかもしれませんが、
テレビを見ているとキンキンしていない声の人の方が少ないです。

音楽も、最近で言うとおそらくあいみょん以外はキンキンした声のアーティストが多い印象です。

芸能界では、その方が単純に目立つこともあって、キンキンした声の人が多いのかもしれませんね。

口を丸く開く

口をある程度縦に、そして横にも開けた状態にすることで、
それぞれの特徴をミックスさせた声色になります。

声を出す際に、最もバランスが良い音色は口を丸く開けた時の声です。

口の開き方を使い分けてみよう!

では、これまでの話を踏まえて、果たしてどんな基準で口の開き方を変化させると良いかを見ていきましょう。

大事なのは

「相手にとって自分の声色がしっくり来るかどうか」

です。

明るい曲を歌う時は明るい声色で
バラードを歌う時はしっとりした歌声で
営業先へあいさつする時は快活な雰囲気で
説明をする時は落ち着いたトーンで
etc…

それぞれの状況に応じて「しっくり来る」声というのが必ずあるのです。

カラオケでWANIMAやマキシマム ザ ホルモンを歌う時、声が暗かったら雰囲気合わないですよね。

あるいは、保険や預金の説明をされるときに、アパレルの店員さんみたいなテンションで来られたら「!?」ってなりますよね。笑

そのギャップを狙ってあえて声を使い分けるツワモノも中にはいますが、
やはり口の開き方を使い分けることで、それぞれの状況に応じて「しっくり来る」声を出せると良いですよね。

口を開くための練習方法

ここで紹介するのは、いずれも口の中を上側へ開く感覚をつかむための練習です。

どれも声を出さなくても出来る練習ですが、やりながら軽く声を出してみることで変化が分かりやすいです。

あくびの口

あくびをする際、口の中の上の奥側が持ち上がります。

むやみに指を突っ込んで口を開けるよりも効果的なので、あくびをする「ふり」をしてみてください。

口の中の上の奥側が持ち上がる感じがするかと思います。

あらゆる口を開く練習は、この部分を動かすことが目的です。

小さい球を口の中に突っ込むイメトレ

卓球の球もしくはスーパーボール位の大きさの球を口の中に突っ込み、口の中が縦に開けた状態をイメージしてみましょう。

この時、口の中の形は「お」の時に近いです。

たとえ口先は閉じ気味でも、口の中はしっかりと開いているのが理想です。

ほほを持ち上げる

両手を使ってほほのあたりを持ち上げてみましょう。

それだけで口の中が少し上側に持ち上がった感じがしませんか?

口の中がこのような形で持ち上がることで声が出やすくなります。

口を開くときのポイント

口を開ける=口の中を開けること

口を開く際に意識するべきことは、「口の中」を開けることです。

口先を大きく広げるのが目的ではなく、口の中を大きく広げることで声が変わっていきます。

下あごに力を入れないようにする

口を大きく開けようすることによって、下あごに力が入ってしまいます。

そうなると、喉、舌、あご、唇といった口から首にかけてのパーツも力んでしまい、声が出しにくくなってしまうので気をつけましょう。

大事なのはあくびをするようなイメージで、口の中が上へ持ち上がるよう意識することです!

口を大きく開きすぎないようにする

学校の音楽の授業で

「指が3本入る位口を開いて!」

と、小中高の先生に言われたのをよく覚えています。

後々、ボイストレーニングをするようになり、勉強する中でこれが間違いであることを知って驚きました。

なぜかと言うと、口を大きく開けすぎてしまうことであごに力が入るだけでなく、声が口の中で共鳴しにくくなってしまうのです。

大事なのは、「口の入り口」ではなく「口の中」が開けていることなのです。

まとめ

あご、痛くなりませんでしたでしょうか?笑

私は口の開け方を意識しすぎてたまにあごが痛くなります。

今回お伝えしてきたように、口の開き方を意識することで、声が大きく変わっていきます。

試しにあなたの周りの方の口の開き方を観察してみてください。

シャキシャキとしゃべる方、声がこもっている方、歌が上手い方etc…

必ず今回お伝えした傾向にそった口の開け方をしています。

ということは、あなたも会話や歌う時に口の開き方を意識することできっと声が良くなるのです!

口の開き方には正解はないですが、あなたが「イイ!」と思える人の口の開き方を参考に、良い声を目指していきましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シアーミュージック

全国展開している人気の音楽教室です。講師の質に定評があり、レッスンの日時やコース、講師を自由に選べます。歌+ギターといった具合に、複数の楽器・歌を習えるのが魅力的です。

EYS音楽教室

楽器を無料プレゼントしているのが特徴的な大手音楽教室です。ライブやイベントも充実している他、30種類以上の楽器・歌のレッスンを柔軟なスケジュールで受講出来るのが魅力的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です