Journey(ジャーニー)のおすすめ名曲・人気曲!絶対に聴くべき代表曲7選

スポンサーリンク

日本人の間でも特に人気が高いアメリカのロックバンド・Journey(ジャーニー)。

映画『海猿』で流れたあの歌も、車のCMで流れたあの歌も、野球のテーマソングになったあの歌も・・・

「曲名は知らないけれど聴いたことある!!」

という楽曲が多いのがジャーニーの特徴かもしれませんね。

キャッチーで耳馴染みしやすいメロディや演奏、ヴォーカルのスティーヴ・ペリーの卓越した歌唱力が日本でも愛される要因でしょう。

また、ジャーニーが一世を風靡した1980年代は今以上に洋楽が一般に馴染んでいたことも相まって、テレビで楽曲を起用されるのではないかと推測しています。

今回は、そんなジャーニーの代表曲・人気曲から、ボイストレーナー/ミュージシャンである私が10曲を厳選して紹介します!

バンド「Journey(ジャーニー)」について

ジャーニーの音楽的特徴:プログレ系バンド〜産業ロックの代表格へ

ジャーニーは1970年代から1980年代にかけて活躍したアメリカのプログレバンド・ロックバンドです。

1973年にアメリカで結成され、サンフランシスコを拠点に活動していました。当初はプログレ系のバンドとして活動していたものの売り上げがあまり宜しくありませんでした。

しかし、数年後にヴォーカルのスティーヴ・ペリーが加入したことを皮切りに、紆余曲折しながらポップでキャッチーな楽曲を生み出し音楽チャートを席巻する人気バンドへ変遷していきました。

ジャーニーはアメリカ国内だけで約5,000万枚、世界で8,000万枚を超えるセールスを叩き出したとされ、ヴァン・ヘイレンやエアロ・スミス同様、アメリカンロック屈指の人気バンドです。

天才ヴォーカリストと天才ギタリストが見どころ!

ジャーニーの中心人物はヴォーカリストのスティーヴ・ペリーとギタリストのニール・ショーンです。

幾多の一流ヴォーカリストの中でも特筆すべき伸びやかな声や綺麗な高音域
声の緩急や感情表現のバリエーションの豊かさ・・・

スティーヴ・ペリーは「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第76位に選ばれる実力を誇っています。

また、オリジナルメンバーであるギターのニール・ショーンは当世のロックバンドの中でトップクラスの天才ギタリストです。

名うてのギタリストの中でも歌うように情熱的なフレーズを生み出す創造力
優しくささやくような音色から、ガンガン轟くようなヘビーなリフ

2人の天才が手を組み一時代を築き上げたジャーニーでしたが、スティーヴ・ペリーが脱退してしまって以降、バンドは長い間活動が滞りました。試行錯誤の末に見つけたのが・・・それは追ってご紹介します!

Any Way You Want It(エニウェイ・ユー・ウォント・イット / 邦題:お気に召すまま)

1980年に発売されたアルバム”Departure”(ディパーチャー)に収録されている”Any Way You Want It”。

『シンプソンズ』や『Glee』などで耳にしたことがあるかもしれませんね。

実は、ジャーニーは当初「プログレバンド」でした。

・・・と言っても「そもそもプログレってなんだ」と首を傾げる方、多いかと思います。

YESの”Roundabout”、これは一部聴いたことがある方、多いはずです!

なんせあの『ジョジョ』で使われていた曲なのですから。

要はムズカシイ曲をやるバンドだったのですが、そんな彼らにとって転換点となったのが本作です。

この底抜けに明るい雰囲気。それだけでお腹いっぱいです!

テクニカルなことを存分にできる人たちが、持てる技術を駆使しながらポップな音楽に徹しているのがジャーニーであると私は考えています。

例えばスティーヴ・ペリーは女性が歌っても高い位の音域を軽々と歌いこなしてしまいます。

そういう最高峰の技術が嫌味なく見え隠れするのがジャーニーの魅力なんですよね。

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

I’ll Be Alright Without You(アイル・ビー・オールライト・ウィズアウト・ユー)

1986年に発売されたアルバム”Raised On Radio〜時を駆けて”に収録されている”I’ll Be Alright Without You”。

ヒット曲を連発した黄金期の終わりに発売された本作のリリース後、ジャーニーは一時解散してしまいました。

「産業ロック」と呼ばれる、キャッチーで分かりやすくカッコ良い楽曲と巧みなプロモーションが功を奏して売れっ子となったものの、残念なことにその活動の方向性がメンバー間の亀裂を生み出してしまい、本作のライブツアーをもって一時解散に至ったのです。

音楽的には、いかにも80年代っぽい、コンプがかった8ビートのドラム、所々に入るキメや効果音、滑らかなギターサウンドに綺麗なメロディーラインが乗っています。

厚いコーラスにスティーヴ・ペリー節とも言える間奏のフェイクとシンセのサウンドが

「ああ、後期ジャーニーだよね」

と思わせてくれます。

しかし、中盤〜後半にかけてニール・ショーンがギターを弾き倒しにかかります。

圧倒的にキャッチーなサウンドなのに、圧倒的にテクニカル。

これこそがジャーニーのサウンドの特徴です。

When You Love a Woman(ウェン・ユー・ラブ・ア・ウーマン)

1996年に発売されたアルバム”Trial By Fire”(トライアル・バイ・ファイアー)に収録されている”When You Love a Woman”(ウェン・ユー・ラブ・ア・ウーマン)。

先ほどジャーニーは一時解散してしまったと書きましたが、一世を風靡していた1981~83年のバンドメンバーが再集結し制作されたのが本作でした。

80年代の頃と比べて、スティーヴ・ペリーの声が低音も高音も若干ハスキーになった感じがするのが特徴です。

やはりロッカバラードを作らせたらジャーニーの右に出るバンドはいませんね。

本作のリリース後にライブツアーを予定していたものの、スティーヴ・ペリーが怪我をしてしまい中止となり、その後再び脱退してしまい、バンドはスティーヴ・ペリーのようなヴォーカリストを求め10年近く迷走(?)してしまいます・・・。

Separate Ways (Worlds Apart)(セパレイト・ウェイズ)

1983年に発売されたアルバム”Frontiers”(フロンティアーズ)に収録されている”Separate Ways”(セパレイト・ウェイズ)。

この曲は近年、野球のWBCのテーマソングとしてテレビで流れていたので聞き覚えのある方が多いのではないでしょうか?2019年11月から開催の「WBSC プレミア12」でも侍ジャパンのテーマソングとして起用されています。

シンセで始まるインパクト溢れるイントロ、リズム隊の重たいビート。
緊張感のあるスティーヴ・ペリーのヴォーカル。
あえて存在感を見せつけないニール・ショーンのギター・・・

Survivor(サバイバー)の”Eye Of The Tiger”(アイ・オブ・ザ・タイガー)とどこか似ているような・・・。

こんな骨太な感じのする歌だし、野球のテーマソングになっている位だから

「これから世界と闘う!」

みたいな歌かと思いきや・・・

「しみったれた男の失恋ソング」という(笑)

サビを和訳すると下記のような内容なので、侍ジャパンと関連性はいまいち良く分かりません。

一体どんな選考基準でこの曲が選ばれたのかナゾですが、侍ジャパンが話題となる度に楽曲が流れるのはファンとして嬉しいので文句は言えません!

いつか愛は君を見つけて
君を縛りつける鎖を切り裂くだろう

君はある晩、
僕らがたまたま出会って
なぜ別々の道を歩み出したのかを考える

もし彼が君を傷つけたとしても
本物の愛が君を見捨てるはずがない

僕らはたまたま出会って
別々の道を出したけれど
僕が君をいまだに愛していること分かっているだろう

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

Faithfully(フェイスフリー / 邦題・時への誓い)

先ほど登場した”Separate Ways”(セパレイト・ウェイズ)同様、アルバムFrontiers”(フロンティアーズ)に収録されているピアノバラード”Faithfully”(フェイスフリー)。

個人的にジャーニーで一番好きな楽曲では”Open Arms”でも”Don’t Stop Believin'”でもなく本作です。

どっしりと重いドラムのビート、歌うように滑らかでエモーショナルなギター、
サウンドの中心に位置する存在感溢れるピアノ、そしてスティーヴ・ペリーのハリのあるソウルフルな歌声・・・

同時期にTOTOやヴァン・ヘイレンといった凄腕揃いのバンドが人気を博しましたが、ジャーニーが卓越していたのは楽曲やアレンジのアイデア力やロックの枠を飛び越えた普遍的な魅力、そして陳腐さを感じさせない圧倒的なテクニックでした。

ところで、この曲の邦題は「時への誓い」。なんだかはお洒落な感じがしますね。

ミュージシャンとの恋なんて上手くいかないなんて言うけれど

誓って、僕は君のものだよ

いろんなところを回る中で
君がいなくちゃ自分がどこにいるか分からなくなるんだ

ああ、僕のそばにいてくれ

誓ったんだ、僕はいつだって君のものだよ

ストーンズのミック・ジャガーやエアロ・スミスのスティーヴン・タイラーのような色男が歌うと臭くなってしまいかねない歌詞ですよね。笑

しかし、スティーヴ・ペリーが歌うと魔法がかかるのです。

スティーヴ・ペリーのハスキーでありながら透明感溢れる伸びやかなヴォーカルと、ニール・ショーンの畳み掛けるようなギターが絡み合って唯一無二のロッカバラードとなるのです。

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

Open Arms(オープン・アームズ / 邦題・翼を広げて)

1981年発売のアルバム”Escape”(エスケイプ)に収録されている”Open Arms”(オープン・アームズ)。

映画『海猿』をご存知の方は「むむっ!!」となったのではないでしょうか。

また世界的歌姫、マライア・キャリーもカヴァーしているのでマライアのファンもご存知かと思います。

邦題は「翼を広げて」なのですが歌詞を踏まえると「両手を広げて」というニュアンスの方が近いかもしれません。

歌詞を要約するとこんな感じです!

一度は結ばれたカップル

男の元から女が去っていく

君なしで生きることは孤独で生きること
空っぽの家は寒く感じる

だけど君は帰ってきた
側に居てほしい

両手を広げて
あなたのもとへ行くよ・・・

この通り、まさに映画『海猿』のコンセプトにもぴったりの歌詞なのです。

派手なギターソロやシンセサイザーのプレイもないシンプルなバラードでは、ヴォーカルの力量が全てを左右すると言っても過言ではありません。

そんなハードルの高い楽曲をライブのステージで原曲以上のクオリティーで熱唱出来るのがスティーヴ・ペリーの最も優れた点のひとつと言えます。

この歌はマライアのバージョンも有名ですが、男目線な歌詞でもあり、より熱量とピュアさが溢れるジャーニーのバージョンの方がしっくり来る気がします。

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

Don’t Stop Believin’ (ドント・ストップ・ビリーヴィン / 邦題:愛に狂って)

“Open Arms”と同じく、1981年に発売されたアルバム”Escape”(エスケイプ)
に収録されている”Don’t Stop Believin'”(ドント・ストップ・ビリーヴィン)。

ジャーニーを語る上で最も欠かせないのは間違いなくこの曲です。

楽曲的には、アメリカンロックの代名詞のような、明るくて骨太なロックサウンドです。

アップテンポなピアノとギターの勢いに乗っかるのは骨太でありながらもしなやかなスティーヴ・ペリーの歌声です。

また、出だしのピアノ+歌からニール・ショーンが絶妙なトーンで奏でるギターが堪りません。

車のCMやドラマ『Glee』で使われていたので、若い方も聞き覚えがあるのではないでしょうか?

ちなみに、邦題は「愛に狂って」

とはいえ、これでは歌詞の真意が見えてこないので、私なりに訳すとすれば

「信じることを止めないで」

ですかね。

歌詞を要約するとこんな感じです!

田舎から夢を追って都会に出てきた女の子が、
街でくすぶっている少年が、くすぶっている歌い手が何かを探している

誰もが心揺さぶられる想いを探し求めて生きている

信じることを止めちゃいけない

その気持ちを持ち続けるんだ・・・

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

YouTubeの動画で奇跡的な出会いを果たしたバンドとヴォーカリスト

ジャーニーは80年代初頭から中盤にかけてヒット曲を連発しましたがその勢いは長く続きませんでした。目指す方向性の違いなどでメンバーが対立し、バンドのフロントマンであるスティーヴ・ペリーは脱退してしまいました。

その後、バンドは「スティーヴ・ペリーのように歌えるヴォーカル」を探し続け、実力派ヴォーカリストを起用し試行錯誤するもなかなか上手く行かず・・・。

そんな中、ある男の映像が偶然バンドメンバーの目に留まりました。フィリピン人ヴォーカリスト、アーネル・ピネダ

小さい頃にはホームレス生活も経験したほどの苦労人で、フィリピンで音楽活動をする中で先ほどご紹介した”Faithfully”のカヴァーの動画が友人によってYouTubeに投稿されたのがバンドと彼の運命の出会いでした。

2007年、ギタリストのニール・ショーンは偶然にもYouTubeでアーネル・ピネダがスティーヴ・ペリーのような声質と歌唱力で歌う姿を見つけ、思わず連絡を取ったそうです。アーネル・ピネダはその後オーディションを経てジャーニーのフロントマンとなり、バンドは息を吹き返しました。

一躍世界的に有名になったアーネル・ピネダの成功物語はまさに”Don’t Stop Believin'”。

そして、長年スティーヴ・ペリーの声を探し求めたバンドメンバーにとっても”Don’t Stop Believin'”。

番外編:映画『ドント・ストップ・ビリーヴィン』

実はこのサクセスストーリーが映画『ドント・ストップ・ビリーヴィン』として映画化されています。

「バンドのヴォーカルだけは変わってはいけない」

というのが音楽界の常識であるにもかかわらず、アーネル・ピネダがファンから概ね好意的に受け入れられているのはひとえに

「本人もスティーヴ・ペリーが大好き」
「スティーヴ・ペリーのように歌える」

からに他なりません。

歌声の節々からスティーヴ・ペリーが持っていたあらゆる才を忠実に引き継ぎ再現しているように思えます。オリジナルと違った自分らしさを出しにいくのではなく、徹底的にスティーヴ・ペリーのスタイルを踏襲したのです。

そんな2人は2017年の「ロックの殿堂」の式典で対面し、スティーヴ・ペリーは壇上でアーネル・ピネダへこう述べたそうです。

「そして、毎晩、心を込めてこれらを歌っている人物に感謝しなきゃならない。アーネル・ピネダだ。アーネル、愛しているよ。ありがとう」
(引用:BARKS

スティーヴ・ペリーにこんなことを言われたら天にも昇る心地になってしまいそうです・・・。

まとめ

ジャーニーのおすすめ曲、名曲を紹介してまいりましたが、いかがでしたか?

「ライブでこんなに歌える歌手がいるのか!?」

「Open Armsの意味、こんな感じだったんですね」

といった形で、色々な感想を抱いていただけたかなと思います。

楽曲の幅広さやキャッチーさに、圧倒的なテクニックとパッションを兼ね備えた演奏。

アルバムごとにカラーが変わっていくところや、スティーヴ・ペリーとアーネル・ピネダの歌い回しを比較すると面白いのでぜひじっくり聴いてみることをおすすめします!

同じく80年代ロックの代表格である「ホール&オーツ」や、ジャーニーの一部の楽曲も分類されるAORという音楽ジャンルについて知りたい方はぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

ホール&オーツのおすすめ名曲・人気曲!絶対に聴くべき代表曲10選

9月 16, 2020

AORを代表する人気アーティストのおすすめ名曲・有名曲・名盤20選!

11月 22, 2019

【ボイストレーナーが選ぶ!】本当に歌が上手い歌手ランキングトップ20!!【洋楽編】

4月 6, 2020
Amazon Music Unlimitedなら今すぐ聞けます

Amazon Music Unlimited ならジャーニーが聞き放題!

Amazon Music Unlimitedは月額650円〜で6,500万曲以上の楽曲を聴き放題できる音楽配信サービスです。

簡単な操作で30日間無料で試すことが出来るのでとてもおすすめですよ!

⇨詳しくはこちら


「ジャーニー」と検索すると上記のようにたくさんの楽曲が出てきます。

「ドント・ストップ・ビリービン」、「オープン・アームス」、「セパレート・ウェイズ」etc…。

今回取り上げた曲も含め、ジャンルやアーティストごとにたくさんの楽曲を聞くことが出来るのが特徴です。

アプリを通して保存も出来るので飛行機や出先でもお手軽に楽曲を持ち歩けるのでとても便利ですよ。

ジャーニーの他にも、ボン・ジョヴィやクイーンなどの名盤・楽曲も聞き放題なのでとてもおすすめです!

Amazon Music Unlimitedについてまとめた記事も書いているので、参考になれば幸いです!

Amazon Music Unlimitedをおすすめする6つの理由【料金・特徴・機能を解説】

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シアーミュージック

全国展開している人気の音楽教室です。講師の質に定評があり、レッスンの日時やコース、講師を自由に選べます。歌+ギターといった具合に、複数の楽器・歌を習えるのが魅力的です。

EYS音楽教室

楽器を無料プレゼントしているのが特徴的な大手音楽教室です。ライブやイベントも充実している他、30種類以上の楽器・歌のレッスンを柔軟なスケジュールで受講出来るのが魅力的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です