ボイストレーナーが選ぶ名曲Vol.1 “A Song For You”(ア・ソング・フォー・ユー)

スポンサーリンク

“A Song For You”と言われて思い浮かぶのはどのアーティストのバージョンでしょうか?

作曲者であるLeon Russell(レオン・ラッセル)のオリジナルをはじめとして、Carpenters(カーペンターズ)やRay Charles(レイ・チャールズ)のバージョンなどがパッと浮かんできます。

今回は、洋楽の数ある名曲の中でも特に愛されている”A Song For You”を特集していきます。

“A Song For You”について

“A Song for You”(ア・ソング・フォー・ユー)は、アメリカのシンガーソングライター、Leon Russell(レオン・ラッセル)が1970年発表したアルバム『Leon Russell』に収録された楽曲です。

アメリカのBillboard 200では60位を記録しており、日本盤LP (RJ-5060)はオリコンLPチャートで62位を記録しています。

この曲があらゆるヴォーカリストに愛されているのはずばり

「歌い手の気持ちを歌っているから」

です。

“A Song For You”の和訳(要約)

Coming Soon!

Leon Russell(レオン・ラッセル)のオリジナルver.(『Leon Russell』収録)

レオン・ラッセルは一般のリスナーというより、ミュージシャンやコンポーザー(制作者)が好むような立ち位置の人物かもしれません。

Donny Hathaway(ダニーハサウェイ) ver.(『Donny Hathaway』収録)

私がまず思い浮かべるのはDonny Hathaway(ダニー・ハサウェイ)のバージョンです。

R&Bの定番中の定番でMarvin Gayeの”What’s Going On”という曲があるが、それをカヴァーしたものが入ったアルバムを聴いた時に大きな衝撃を受けた。それから怒涛のように聴き漁っていく中で、これまた定番の”A Song for You”と出会ったのであった。

この曲だけでも様々な「名演」がある。世界中の人達が素晴らしい演奏をするわけだが、私はその中でもDonny Hathawayのバージョンが一番好きだ。イントロを弾き始めた瞬間からざわめく観衆、次第に「ここは静かにしなきゃいけないんじゃないか」というある種厳かな雰囲気になり歓声が消えていく。そこからピアノは緩やかにテンポを落としながらタメにタメて、静寂の中から”I’ve been so many places in my life and time”と歌い出す。沈黙に耐え切れなくなった観衆が否応なしにざわめき出す。ざわめくのだが、やはりまた静まる。

Donny Hathawayのライブ盤はR&B・Soulの世界では名盤中の名盤となっているが、あまり日本での知名度は高くないので詳しい人でないと知らないかもしれない。

あまりに凄い歌の前では、人は沈黙せざるを得ないのではないか。見事に人をどこかに「連れていって」いる。といっても「連れていかれる」という感覚が体感的に分からない方もいるかもしれない。否応なしに歌に引き込まれて、無我夢中で引きずり回されるような、そんな感覚。人を惹きつけるというステップの先に「惹きつけざるをえなくさせる」という次元があるのではないかと、彼の歌を聴く度に考えてしまう。

ナンバーワンはStevieでありMJなのかもしれないが、確実にオンリーワンであり、音楽のジャンルというものを見事に通り越したところに存在している。そして、こんな才能があるにもかかわらず、若くして亡くなってしまった。生きていたらStevieと同世代位だろうか。一体どんな曲を書いていたのだろうかとか、どんな風に歌っていたのだろうか。そんなことを考えると物悲しくなる。迷える若かりし頃の自分に、どんな音楽をしたいのか、ひとつの解答を歌とアレンジと曲で示してくれたのがDonny Hathawayだった。

ダニー・ハサウェイのおすすめ代表曲・人気曲!絶対に聴くべき名曲10選

1月 8, 2020

Carpenters(カーペンターズ) ver.(『A Song for You』収録)

カレンが歌うと、たとえ英語で何を言っているのかよく分からなくても、どんな雰囲気の曲でも温度を感じられます。

Ray Charles(レイ・チャールズ)ver.(『My World』収録)

レイ・チャールズのバージョンはオリジナルに忠実にカヴァーしていますね。

ただ、持ち味である低音の伸びやスモーキーな声の渋みが全開で出ているのが原曲と違う点です。

Aretha Franklin(アレサ・フランクリン)ver.(『Let Me In Your Life』収録)

アレサ・フランクリンはいついかなる時も「自分の型」にあらゆる曲を落とし込んで、完全に自分の曲にしてしまう力が抜きん出ています。

この曲でもその才能が遺憾無く発揮されていて、オリジナルはあくまでエッセンス程度になっているのがアレサの凄いところです。

Amy Winehouse(エイミー・ワインハウス)ver.(『Lioness: Hidden Treasures』収録)

エイミー・ワインハウス。私が取り上げるようなオールドスクールのアーティストは世代だけど、若い世代の音楽を聴かない方はいますぐに聴くべきヴォーカリストです。

エイミーのくすんだ感じの気だるい声にかかれば、アレサのバージョンとは全く違った曲になります。

Whitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)ver.(『Live: Her Greatest Performances』収録)

泣く子も黙る伝説のR&Bシンガー、ホイットニー・ヒューストンのバージョンは、他のどのバージョンよりも「聴け!」という強い意志のようなものを感じます。

まとめ

coming soon!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シアーミュージック

全国展開している人気の音楽教室です。講師の質に定評があり、レッスンの日時やコース、講師を自由に選べます。歌+ギターといった具合に、複数の楽器・歌を習えるのが魅力的です。

EYS音楽教室

楽器を無料プレゼントしているのが特徴的な大手音楽教室です。ライブやイベントも充実している他、30種類以上の楽器・歌のレッスンを柔軟なスケジュールで受講出来るのが魅力的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です