発声の仕組みを知る

スポンサーリンク

普段なんの気なしに出している声。一体どうやって出るのか、わざわざ考えてみたことがある人は少ないのではないでしょうか。

今回は、声が出る仕組み、すなわち発声の仕組みについて解説していきます。声は、以下の4つのプロセスを経て形成されます。

 
1. 声の大元として肺から息を吐き出す

2. 吐き出された空気が声帯を通り、振動させることによって声の元となる音が発生する

3. 声帯で発生した声の元となる音は、のど、口、鼻などの共鳴器官が響くことで音量が増幅するとともに音色が決まる

4. 口、歯、舌、唇などの調音器官の働きによって言葉を形成することで、いわゆる「声」となる

 

声が出る仕組みをおさえることで、どんな練習メニューを組むべきか、練習を通してどこに意識を当てるかといったことが明確になります。ひとつひとつ紐解いていきましょう。

呼吸(空気の発生)

まず、息を吸うことで肺に空気が入り、膨らみます。肺に溜まった空気を吐き出すことで、肺が収縮します。この一連の流れがいわゆる呼吸です。

呼吸をコントロールするためには、呼吸する際に使用する肺、横隔膜、腹筋、肋骨やその周辺の筋肉を適切に使える必要があります。

呼吸をコントロール出来ることで、声に強弱をつける、長く声を出す、高く声を出すといったことが可能になります。

以上のことから、呼吸をコントロール出来るようになることが、ボイストレーニングを行う上で、最も重要なテーマとなるのです。

音の発生(声帯の振動)

肺から吐き出された空気は、のどの中にある声帯を通ることで、声帯が振動して音となります。この、声の元といえる音のことを喉頭原音(こうとうげんおん)と呼びます。

声帯は、喉の中に位置する、2本の対になったパーツです。息をする際は開いていて、声を出す際は閉じて振動する仕組みとなっています。のどには細かい筋肉や軟骨、靭帯や粘膜が集まっていて、それらに脳が指示を出す形で吐く息に呼応し、喉頭原音が出るようになっているのです。

共鳴(音の増大)

声帯が振動することによって発生する喉頭原音は、共鳴器官(または共鳴腔(きょうめいくう))に響くことで音を増大させます。また、この共鳴は音色を決定づけます。

共鳴器官とは、口の奥の咽頭腔(いんとうくう/のど)、口全体を指す口腔(こうくう)、鼻の中の空洞部分を指す鼻腔(びくう/鼻)のことを指します。
いわゆる「良い声」をした方々の声が、なんだか身体が響くような感じがするのは実際に良く響いているからなのです。

歌手ではないですが、私の一押しである、ラジオパーソナリティーとして活躍されているクリス・ペプラーさんの声を聴いてみてください。

以前ご本人とお話をしたことがあるのですが、ラジオで聞く以上に遠くまで通る明るい音色の声で、低くてダンディな声でお話をされます。低くて通る声で音色も明るいって、両立しにくいんですよ。ラジオパーソナリティーを務める男性の方はこうした傾向の声の方が多い印象です。

言葉(アーティキュレーター/構音・調音)

喉頭原音が共鳴器官に響くことによって増幅された音は、最終的に舌、唇、あご、歯、頬などの動きによって、あらゆる声や言葉となります。この過程を構音または調音と呼びます。

まとめ

みなさん、いかがでしょうか?声は上記4つのプロセスを通して出る仕組みとなっています。

1. 声の大元として肺から息を吐き出す

2. 吐き出された空気が声帯を通り、振動させることによって声の元となる音が発生する

3. 声帯で発生した声の元となる音は、のど、口、鼻などの共鳴器官が響くことで音量が増幅するとともに音色が決まる

4. 口、歯、舌、唇などの調音器官の働きによって言葉を形成することで、いわゆる「声」となる

 

これらのプロセスを複合的に、そして美しく連動させることで良い声を出せるようになるのです。
・・・なんだか専門用語が多くて、話が複雑で気が遠くなるかもしれませんが、千里の道も一歩から。少しずつ知識を吸収し、練習を積み重ねてステップアップしていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シアーミュージック

全国展開している人気の音楽教室です。講師の質に定評があり、レッスンの日時やコース、講師を自由に選べます。歌+ギターといった具合に、複数の楽器・歌を習えるのが魅力的です。

EYS音楽教室

楽器を無料プレゼントしているのが特徴的な大手音楽教室です。ライブやイベントも充実している他、30種類以上の楽器・歌のレッスンを柔軟なスケジュールで受講出来るのが魅力的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です