ミドルボイス(中声)の出し方・コツ・練習方法を実例付きで解説!

スポンサーリンク

「ミドルボイス・・・ミックスボイスじゃなくてですか?」

そうです、ミドルボイスです。

今回は、ミックスボイスと違って耳なじみがないかもしれないミドルボイスについて、徹底解説していきます!

先にミドルボイスとミックスボイスの違いを説明し、その後でミドルボイスの出し方やコツをお伝えします。

ミックスボイスを出したければ先にミドルボイスの練習をしましょう、というのが今回のテーマかもしれませんね。

ミックスボイスの出し方とは?感覚やコツ・ポイント、練習方法を徹底解説

2月 5, 2020

ミドルボイスとは?

ミドルボイスとは、地声(チェストボイス・胸声)と裏声(ファルセット)の中間のような声のことを指します。

あるいは地声と裏声が混ざったような声とも言われます。

ミドルボイスとミックスボイスの違い

「ミドルボイスはミックスボイスと同じ」とされがちです。

しかし、実は似て非なるものなのでここで違いを説明します。

まず、ミドルボイスというのは地声と裏声の間の声のことを指します。

次に、ミックスボイスというのは、地声⇔ミドル⇔裏声を自由に行き交い、音色を一定にコントロールしながら発声する声の出し方のことを指します。

マニュアルの車やバイクの運転を想像してみてください。

「滞りなくギアチェンジさせる感覚や技術」

これを歌においてはミックスボイスと呼ぶわけです。

つまり、

ミドルボイス(Middle Voice)=声区のひとつ(中音域)、範囲
ミックスボイス(Mixed Voice)=声を行き交ったりグラデーションさせる感覚や技術、状態

 

という形で区分されるのです。

多くの方がミックスボイスに憧れるわけですが、高い声を上手に歌いこなすアーティストのような声を出すには、先にミドルボイスを習得する必要があります。

チェストボイス、ファルセットやヘッドボイス、そしてミドルボイスを思い通りに発声出来るようになって、はじめてそれぞれの声や音域を行き交うことができるのです。

【高音は誰でも出せる!】高い声の出し方とは?コツやポイント、練習方法を徹底解説

1月 31, 2020

【え、違うの!?】ミックスボイスとミドルボイスの違いとは?【声区融合】

8月 26, 2019

ミドルボイスの特徴・ポイント

芯のある太めな高音

ミドルボイスは、ファルセットと比べて芯のある音色なのが特徴です。

そして、ファルセットやヘッドボイスと比べると声が太い感じがします。

だから一見地声のように聞こえるのです。

口や鼻、顔に響く感覚

ミドルボイスは、発声時に口や鼻に共鳴する感覚が強いのが特徴です。

また、慣れてくると目の後ろやほっぺのあたりにも響く感じがしてきます。

身体を上手く鳴らせれば鳴らせるほど、声は出しやすくなります。ですので、響く感覚を意識しながら声を出すことが重要です。

【声を身体に響かせる!!】共鳴腔を響かせるコツと練習方法を一挙公開!

2月 3, 2019

【声が通るようになる!?】共鳴腔に上手く声を響かせよう

2月 1, 2019

ミドルボイスの実例

あなたの聞き覚えのある高い声を出す曲のほとんどが

「ミドルボイスを使い、ブレイク(換声点)周辺をチェストボイス(地声)からミドルボイス(中声)をミックスさせた声」

で歌われています。

ここから先はミドルボイスとミックスボイスの違いに触れながら解説していきます。

ミドルボイス=中〜高音域
ミックスボイス=音色のこと

 

という構図を頭の片隅において聴いてみてくださいね。

B’z – “イチブトゼンブ”

邦楽ロックの代表格であるB’zの稲葉さんは、地声〜ミドルボイス〜ヘッドボイスまでを縦横無尽に行き交って声を出しています。

サビの1:01頃〜は、一見すると全て地声で歌っているように聴こえるかもしれません。巧みに声を地声に近い音色でミックスさせながら歌い上げているため、そのように聴こえるのです。

MISIA – “逢いたくていま”

邦楽R&BからはMISIAさんをピックアップしてみました。

サビの1:25頃〜は、最高音HiC#という、女性でもかなりの高音域を柔らかくて、芯のある音色で歌い上げています。

この曲を地声で歌おうとしたらノドがおかしなことになりそうですね・・・。

Bruno Mars – “Just The Way You Are”

邦楽R&BからはBruno Mars(ブルーノ・マーズ)をピックアップしてみました。

サビの1:06頃〜は、やはり柔らかいけれども芯のある、地声のような声で歌っていますね。

サビの最高音はHiB♭なのですが、この音はミドルボイスで当てています。そして、その手前の音から最高音にかけて、声をミックスさせながら滑らかにつないでいるのです。

Sia – “Chandelier”

サビの0:43頃〜、ロングトーンをバッチリ決めている部分がミドルボイスです。

この曲を聴くと「ミドルボイスとミックスボイスの違い」がよく分かります。

エッジの利いたミドルボイスから、ファルセットもしくはヘッドボイスへ向けて滑らかに声をミックスさせています。

ミドルボイスの出し方・コツ

ミドルボイスを上手に出すには、地声や裏声(ファルセット)以上に、細かく発声をコントロールする必要があります。

下記のポイントに気をつけながら順を追っていくことでミドルボイスの感覚がつかめるはずなので試してみましょう。

腹式呼吸する

高音発声には腹式呼吸が欠かせません。

吐く息の流れが安定することで声のコントロールがしやすくなるからです。

ここでは発声する際に、一定のペースで息を吐くことを意識してみましょう。

腹式呼吸のやり方!簡単な練習方法とは

2月 5, 2019

裏声を出す

ミドルボイスをきれいに出すには、裏声(ファルセット)の練習をすることでイメージをつかみやすくなります。

ミドルボイスに必要な鼻腔共鳴の感覚をつかんでいく際に、地声よりも裏声の方が力まずに高音発声が出来るからです。

したがって、特に裏声が苦手な方は、裏声を滑らかに出せるように練習してみましょう。

ファルセットの出し方・コツを実例付きで解説!

1月 31, 2019

声帯を閉じる

地声のような音色の声を出すには、適切に声帯を閉じる必要があります。

ためしに息だけを「ハー!ハー!」と勢いよく吐き出して、途中で止めてみましょう。

息を止めた際に、声帯のあたり(せき払いやうがいをする時に動くあたり)が「パシッ」と閉じる感じがするかと思います。

これが、声帯が閉まった状態です。

【声が良くなる!!】声帯を閉じる感覚と練習方法【声帯封鎖】

2月 12, 2019

喉を開く

地声のような音色の声を出すには、喉を開くことがとても重要です。

喉を開く感覚をつかむには、あくびのものまねがわかりやすいです。

大きく口を開けて「ふぁー」と、あくびをしてみましょう。

その時に、喉の奥の方が広がる感覚がつかめたらバッチリです。

喉を開くとは?喉を開ける練習&発声方法

2月 9, 2019

鼻腔共鳴させる

ミドルボイスを上手く出すために最も重要なのは鼻腔共鳴です。

チェストボイスはチェスト=胸が、ヘッドボイスはヘッド=頭が良く響くわけですが、ミドルボイスは胸と頭の中間にある口や鼻に声がよく響く感覚になります。

鼻腔共鳴させるには、裏声でハミングやナ行の言葉で発声練習をするのが効果的です。

ためしに裏声でハミングをしてみましょう。

声が鼻の奥の方や口の中、上側の奥(のどちんこのあたり)、あるいは目の後ろ側周辺に響く感じがしたら良い状態です。

【声を身体に響かせる!!】共鳴腔を響かせるコツと練習方法を一挙公開!

2月 3, 2019

【声が通るようになる!?】共鳴腔に上手く声を響かせよう

2月 1, 2019

ミドルボイスの練習方法

サイレントレーニング

適当な低い音(地声)から適当な高い音(裏声)へ向けて「おーーーーーー」と発声していきます。

この際に、声が地声から裏声に変わるあたりのノド周辺の力感をよく覚えておいてください。

ただ地声を張り上げるのでなく、やわらかく出す感じをつかめてくるはずです。

「ま」行でスケール練習

地声から中音域(男性はMidE位(高いミの音)、女性はHiA〜B位(高いシの音))にかけて、
「ドレミレド〜」のメロディを歌ってみます。

少しずつ高くしていくと中音域に入るのですが、この時なるべくノドに力が入らないよう、
やわらかく出すのがポイントです。

まとめ

ミドルボイスの出し方やコツ、いかがでしたか?

ミドルボイスとミックスボイスの違いに触れながら、ミドルボイスの感覚や出し方、ポイントを解説してきました。

ミドルボイスを出せるようになる過程で声の力感のコントロールが上達し、カラオケで長時間歌っていても疲れにくくなります。

また、出せる音域が広がるので、レパートリーも増えます。

女性はなんとなく出来てしまっている方もいるのですが、男性はチェストボイス(地声)での発声が主なので感覚をつかむのに時間が掛かるかもしれません。

ミドルボイスを習得するには時間が掛かるかもしれませんが、メリットがたくさんあるのでこの機会にぜひ練習してみてはいかがでしょうか。

ミックスボイスの出し方とは?感覚やコツ・ポイント、練習方法を徹底解説

2月 5, 2020

【高音は誰でも出せる!】高い声の出し方とは?コツやポイント、練習方法を徹底解説

1月 31, 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シアーミュージック

全国展開している人気の音楽教室です。講師の質に定評があり、レッスンの日時やコース、講師を自由に選べます。歌+ギターといった具合に、複数の楽器・歌を習えるのが魅力的です。

EYS音楽教室

楽器を無料プレゼントしているのが特徴的な大手音楽教室です。ライブやイベントも充実している他、30種類以上の楽器・歌のレッスンを柔軟なスケジュールで受講出来るのが魅力的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です